ゴミの処分にはお金がかかる!特に面倒な木製製品はなるべく買わないようにしています

もう12月になりますね。
1年があっという間で驚きます。
大掃除も床のワックスがけ、窓ふき、キッチンは終了。
現在追い込み断捨離中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゴミを捨てるには手間もお金もかかる

ゴミ袋だってタダじゃありません。
私の市町村は大きいサイズが10枚600円。
小さいサイズが10枚400円です。

断捨離をするとあっという間にゴミ袋2.3袋使ってしまいます。
今まで断捨離で処分したもので軽く大きいゴミ袋30枚以上は使っていると思います。
結婚して今の家に引っ越してくる際かなりの物を処分したつもりなんですけど、
いつの間にか溜まっていたんですね~。

ゴミを捨てるには本当に要る物か、要らない物か選別が必要です。
優柔不断な私はこれで結構悩んでしまうんです。
悩んで悩んで取って置いて、やっぱり要らないなって捨てるケースが多いです。
1度でスパッと決められない・・・・
正直あまり悩みたくないのです。
考えることはたくさんあるので物の処分で頭を悩ませたくない

次に考えるのはどうやって処分するか。
私は、
服等の軽めの布製品→リサイクルセンター
小さい金属製品→町の資源ごみの日
大きい金属製品→リサイクルセンター
大きいプラスチック製品→リサイクルセンター

っていう感じで活用しています。
リサイクルセンターは全部別々の場所なので少し面倒です。

断捨離を始めてすぐのころはリサイクルセンターの存在を知らず、
衣装ケース等は町指定の粗大ごみシール(¥500)を張って出していました。

今から思えばもったいなさすぎる!
リサイクルセンターへ持っていけばタダで引き取ってもらえたのに・・・。
粗大ごみシールも何枚買ったかわかりません。
かなり無駄な事をしてしまいました。
やっぱり知っているって大事ですね。

シールを買うお金。
シールを買いに行く手間。
ごみを捨てに行く手間。
ゴミを処分するには本当に手間とお金がかかる。

断捨離を通して物の処分の大変さを痛感

特に大型家具。
安いし使いやすいという理由でほいほい買ってしまったカラーボックス等、
木製製品の処分が大変でした。

木製製品を回収してくれるところはなく、
ゴミ袋にも入らない。
1000円以下で買ったカラーボックスの処分に粗大ごみシール(¥500)を張るのももったいない。

のこぎりでカットしましたよ!!
のこぎりを普段使う事がないのでカットは非常に大変でした。

木製製品はむやみに増やすまいと思いました。

食器棚等の超大型家具は粗大ごみシールでも出せないので、
専門のゴミ回収会社にお願いしなければなりません。
以前ソファーを処分した際は、取りに来てもらうのも含めて4000円ほどかかりました。
物、特に大型の物の処分にはかなりのお金と労力が必要です。

軽い気持ちで買ってしまった過去の私に言いたい。
「処分が大変だから大型家具をむやみに増やすな!」と。
特にリサイクルセンターに出せない木製製品(ゴミ袋より大きいサイズ)を購入するときは処分まで考えて慎重に。

断捨離してすっきりさっぱりして年末を迎えたいです。

ブログランキング

ブログランキング参加しています。
更新の励みになりますのでポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事コンテンツ