部屋の乱れは心の乱れ!ちょっとした心がけで綺麗をキープできます

仕事に家事に子育てに主婦もなかなか忙しい。
3時までのパートでさえいっぱいいっぱいな私なので、
正社員で働いている方は本当にすごい!って思います。

毎日忙しくても手を抜けないのが仕事と家事の一部。
洗濯とご飯の用意は毎日しなくてはいけない。
ご飯はテイクアウトや外食という手もありますがお金がかかるためあまり使えない。

そんな時お掃除は少し手を抜いてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家の乱れが心の乱れ

「家の乱れが心の乱れ」一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか?

手のあまり抜けない洗濯、食事の準備に比べ、お掃除は手を抜きやすい。
1日くらい掃除機をかけなくったって何の問題もない。
部屋が散らかってたって普通に生活できる。
ご飯がないと大騒ぎですが、埃があったって子供は文句言わない。
だからついつい手を抜いてしまうのがお掃除なんですよね。

私は忙しくなってくると部屋が乱れ始めます。
お義母さんとの共用部分はちゃんと綺麗にするよう気を付けますが、
2階の部屋が・・・・

お財布にはレシートが入れっぱなし、
畳んだ服が床に平積みされていく、
読んだ本がそこらじゅうに置いてある、
目を通さなければいけない書類が放置。

どれも小さなことでそこまで部屋を乱す要因にはなっていません。
ですが、やらなければいけない事、放置されたものを見るたびにできていない自分にストレスを感じます。

部屋が乱れているということは、片づけるだけの心の余裕がない事を表していると思います。
片づけよりも考えなければいけない事、
やらなければいけない事があり、
部屋の汚さなんて気にならない程余裕がない。

常に出したら戻すを心がける

小さな事が積み重なって部屋は乱れていきます。

洗濯物を畳んだらすぐにしまう。
使った物は使用後はすぐに元の場所へ戻す。
お菓子を食べたらゴミはゴミ箱へ。
本を読んだら本棚へ。

子供は次々興味の対象が変わるから難しいかもしれませんが、
これは使った本人にやらせます。
なかなか定着しないので何回も何回も言います。

これだけでも部屋が乱れにくくなります。
「すぐに」がポイントですね。
後回しにするとやる事がどんどん増えて面倒くさくなってきます。

物の定位置をしっかり決める

特に子供は物の定位置が決まっていないと戻せませんよね?
あちこちに入れる場所があると迷ってしまう。
場所が決まっていないと探すのにも時間がかかる。
家族が一番使いやすい場所に、同じ種類でまとめて入れておくと便利です。

文房具類は全部1つの棚にあります。

やらなければいけない事をストップしてお掃除してみる

私はこれが効果的です。
掃除をすると気持ちも部屋もすっきりして、その他の家事も「よし、やるぞ!」って気持ちになります。
「掃除しなきゃ」って気持ちでご飯を作るよりも、
いっその事掃除をしてしまってからご飯を作った方が何倍も気分がいい。

「お掃除したい!」って思った時は、その気持ちを優先する。

まとめ

ほんの少しの手間をかけるだけで部屋の綺麗はキープできます。

・物を使い終わったらすぐ戻す、出したらすぐに片づける。
・物の定位置を子供にも分かるようにしっかり決める。

それでも散らかってきたら
・お掃除したいと思ったらその気持ちを優先してお掃除してしまう。

ほんの少しの手間が習慣付くまで難しいのですが、
綺麗な部屋で過ごすことは気持ちがいいですよね。

ブログランキング

ブログランキング参加しています。
更新の励みになりますのでポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事コンテンツ