物を大切にするって、ちゃんと使ってお手入れすることだと思います

断捨離を始めて2年くらいですが、
ちょっと前から物を捨てる判断が早くなりました。
「もう私には必要ないな。」とか、
「もうこの服は着ないな。」っていう判断が早くポイポイ捨てられるようになりました。

以前は服だったら「部屋着に取っておこう」となり、
部屋着が大量に増殖。
使わないだろうと思っても、もったいないから取っておこうってなっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「物を大切に」と育ちました

私の小さい頃はよくおばあちゃんに言われました。
穴の開いたズボンはおばあちゃんが直してくれて使ったし、
穴の開いた靴下まで直して使っていました。
私は足先に違和感があるので直した靴下は大嫌いでしたが・・・

そもそも私が小さい頃はあまり物はありませんでしたが、
ある物はダメになるまで使っていたように思います。

大人になって自分でお金を稼げるようになると一気に物欲が増大。
自分で欲しい物が買える!っていうのが何とも嬉しくて買物しまくりました。
服、化粧品、ブランド物のバックやアクセサリー、友達とのランチに外出。

貰ったお給料から5万円だけ貯金して後は使い切っていました。
今から思うと恐ろしい浪費でした。

どんどん部屋は物でいっぱいになりましたが、
それでも小さい頃からの教えって残るもので、
「物を大切に」ずっと持っていたんですよね。
使わない物でも。

大切にするってずっと持っていることじゃない

大切にするって捨てずに持っていることだと思っていたのですが、
違うと気が付きました。

物を大切にするっていうのは「ちゃんと使う事」
長く使えるよう、ちゃんとお手入れする事だと思えるようになりました。

そう思えるようになったのは断捨離を始めて、大方片付いたころ。
大半の物を捨てて、
それでも残った私にとって必要な物を使っているうちに、
自然と今使っている物を大切にしようって気持ちが芽生えました。

今はやみくもに物を増やすこともなくなったし、
買ったら必ず使うと思うものしか買いません。

だけど当然買ったけどイマイチ良くなかったってありますよね。
買ったけど結局使い勝手が悪い。
自分にしっくりこない。
使えるんだけどなんだか違和感がある。
そういうものは潔く手放しています。

昨日手放したのはこちら。

一目ぼれして購入したけど、足が痛くなるパンプス、
色、形はとっても好きだけど、なんかしっくりこないスヌード、
またまたしっくりこないコーディガン(夫からのプレゼントでした・・・ごめんなさい)

どれもまだ使える、着れる。
だけどしっくりこないから出番があまりなかった。
だからリサイクルショップで売りました。
全部で400円。

まだまだ買物失敗することもありますが、
独身の頃よりは失敗率は大幅に低下してると思います。
これからも自分にとって必要な物をちゃんと使って大切に過ごしたいと思います。

ブログランキング

ブログランキング参加しています。
更新の励みになりますのでポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事コンテンツ