自分の老後は自分で何とかする!子供に過度な負担をかけたくない

日本はこれから衰退していく・・・・
目次のしょっぱながこんなタイトルでした。
そうだろうなぁ~と思いながらも、
衰退していくとは思いたくないし考えたくない。
これから成長していく子供たちは大変な時代を生きていかないといけないんだと。
私ができる限りのことをしてあげないといけないと強く思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の老後は自分で何とかしなければいけない

今回読んだ本はこちら。

どうしてidecoを始めた方がいいのか、
どうしてこれからの時代長期投資が必要なのかがよくわかります。

戦後まもなくの頃は現役世代12.1人で高齢世代1人を支えていました。
2060年には(今から43年後)現役世代1.3人で高齢世代1人を支えなければいけない

そんなの無理ですよね?
現役世代1人に1人ずつお年寄りが付くなんて。
自分の生活も守らなければいけないのに、もれなくもう1人支えてあげなければいけないなんて。
「自分で何とかしてよ!!」って思っちゃいますよね。
43年後私は思いっきり支えられる方になってますが、
だから自分で何とかしようと投資を取り入れることにしました。

将来的に年金受給年齢は上がり、受給額は抑えられるのは必至。
国は老後にお金が足りなくなっても助けてくれない。
国は将来的に多くの日本人が貧しい状況に追い込まれるかもしれないことを想定していて、
そうならないように掛け金や運用益を非課税にして個人で増やしてもらおうと思っているんですよね。

そのための確定拠出年金(ideco)とnisa

わが家は現在夫のidecoのみ取り入れています。
私のnisa口座開設中。
夫も開設予定。
私が転職後idecoも取り入れる予定。

夫のidecoは企業年金に加入しているので月12000円。
子供3人の児童手当も1部使おうかと考え中。
太陽光発電で得た利益(月5000円ほど)も運用に回す予定。

余剰資金があまりないので本当に少しづつになるかもしれませんが、
やらないよりはマシと思って取り入れたいです。

インフレに強い資産を持つ

インフレになった時に現在の預貯金メインの資産では目減りしてしまうので
インフレに強い資産を多少は持っておいた方がいい。
インフレに強い資産とは不動産、株、金だそうです。

現在私は金を保有しています。
10年ほど前、金がグラム3300円くらいのころに購入したので今売却すれば利益が出ます。
長期で持つつもりだったのでこのまま保持する予定です。
不動産は難易度が高そうなので手出ししません。

昔、FXでリーマンショックの強烈な下げに精神的に耐え切れず損切りして損失を出しました。
持っていれば戻ってきたのに売ってしまったのです。
恐怖に勝てなかったんですよね。
夜寝て朝起きるごとに円高が進み、夜寝るのも怖いほどの恐怖でした。
損失がどんどん膨らんでいくというのは本当に怖い。

この本では13年間で年率28%のリターンを達成した伝説のマゼラン・ファンドでさえ、
大多数の保有者が短期的な売買を繰り返していたために
7割の保有者が損失を出していたという例が出ています。
感情や恐怖に支配されてのトレードではうまくいくはずがないですよね。

FXではお金を増やしたくて始めたのに結局損失を出して終わってしまいました。
その後投資が怖くなり一切手を出せなくなっていましたが、
投資信託ならばできそう!!と色々な本を読んで思えてきました。

そして預貯金だけしか持っていないときのデメリットも本当によくわかったので、
とりあえずは増やすより目減りを防ぐためにと思って取り組みたいです。

子供たちに余計な負担をかけなくてもいいよう、今からできることをしたいと思います。

ブログランキング

ブログランキング参加しています。
更新の励みになりますのでポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事コンテンツ