続々増税!少しでも節税するためにやっていること

2018年度の税制改正大綱が昨日決定されましたね。
税金は私たちの生活にとっても大きな影響を与えます。
だけど税金の事って複雑で非常に分かりにくい。
誰に聞けばいいのかもわからない。
ちゃんと知らなければいけないって分かってはいるのですが小難しすぎて思考停止状態に陥ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来年から何が増税されるの?

どんどん増税の話ばかり出てきて、
節約を頑張っている身としてはため息が出ちゃいますね。

この中でわが家に関係ありそうなのは、

・2018年10月に増税決定されている消費税

・節約家計の強い味方第三のビール増税

・森林環境税

特に消費税増税が非常に痛い。
1万円の買物をすれば1000円が税金。
増税前に車を買い替えるべきか悩んでいます。

現在の車はワンボックスで12年目。
あちこち故障が出てきています。

先月ナビを直し、
スライドドアも開閉スピードがとっても遅い。
昔は開閉の際の音が「ピ・ピ・ピ・ピ」だったのが、
「ピ・・ピ・・ピ・・ピ」とゆっくりになっています。
いつ壊れるかドキドキ。

暖房がマックスまで温度を上げないと冷風になってしまう。

乗り心地が良く、とても気に入っているのですが、
夫は次の車検に買い替える気満々です。
あまり年数の経過していない中古車を探そうとしています。

節税のためにできること

ふるさと納税

所得に応じて決まるふるさと納税の寄付金上限額内なら、
いくら寄付しても翌年住民税から控除されるので実質2000円で返礼品を手に入れることができます。
例えば50000円寄付すれば、48000円控除されます。
関連記事 楽天スーパーセールでふるさと納税~納付限度額を詳細にシュミレーションできるサイト発見!~

所得が多く、税金を多く収めている人のほうがたくさん寄付できるのでありがたい制度ですよね。
うちは残念ながら所得が多くないので今年は2件で終了です。
でも2000円でお肉が手に入るのは本当にありがたい。

確定拠出年金

わが家は今年の6月から夫のみ始めました。
掛け金は企業年金があるため月々1万2千円。
シュミレーションしてみたところ年間2万円ほどの節税になるようです。

現在の様子はこちら

ちょっぴりプラス。

確定拠出年金は積み立てた掛け金の全額が所得控除され所得税・住民税が軽くなります
年末調整や確定申告を行うことで、所得や掛け金に応じて納めた税金が戻ってきます

もうすぐ年末調整。
いくら戻ってくるかワクワクして待ちたいと思います。

税金の支払いはnanacoで

税金って安くすることはできませんよね?
だけど税金をnanaco払いにすることでちょっぴりお得に納税できます。

どういう事かと言いますと、クレジットカードからnanacoチャージしてnanacoで支払うと、
カードからチャージした分もカード会社のポイントがもらえるのです。
間接的にですが、現金で支払うしかない税金関係をクレジットカードで払うことができるのです。
ですのでポイント分だけ安く納税することができます。
関連記事 車の税金はnanacoでお得に支払います

私の使っているカードはリクルートカード。
リクルートカードは1.2%分のポイントがたまるので、
10万円の支払いで1200円分のポイントがもらえる。
それだけ安く納税できたことになります。
貰ったポイントはローソンのお試し引換券で使います。

関連記事 ローソンのお試し引換券とは?

お試し引換券のおかげでお菓子やビールをあまり買わずに済んでいるのでとっても節約になっています。

私が行っている節税はこれくらい。
元々収めている税金が少な目なので、節税も超控えめですが、
それでもやらないよりはマシと思ってやっています。

増税、値上げで家計は苦しくなる一方ですが、少しでもお得な制度で取り戻したいですね。

ブログランキング

ブログランキング参加しています。
更新の励みになりますのでポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事コンテンツ