ミニマリストを目指しているうちにやめた3つのコト

ミニマリストを目指しているに自然とやめたことが3つあります。
節約になっているのもなっていないのも。
でも生活の満足度は以前よりも格段に上がったと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水道光熱費の節約をやめた

節約真っ只中の時は水道光熱費をできるだけ抑えようとしました。
夕方ギリギリまで電気を付けない、
おふろの追い炊きはあまり使わない、
お風呂の残り湯は洗濯に使う、
夏場限界までクーラー付けない、などなど色々やりました。

だけどイライラするだけであんまり効果ない
家族が追い炊きするたび目くじら立てたり、
朝早くからクーラー付けてるのを見てムカムカしたり。

水道光熱費の節約に走るとストレスがたまるばかりだと痛感。

それからはクーラーをつけたいと思ったらつける、
お風呂あったまりたいなーって思ったら追い炊きする。
水道光熱費の事は気にせずしたい事をするようにしています。

もちろん使っていない部屋の電気は消す、
電化製品を買い替える時は電力消費が大きくない物を買う等しています。
無駄にはできませんからね。

自分の欲望に素直に生活するととっても日常生活が楽。

何でも所有しようとしない

昔は今ほどレンタルがなかったからかもしれませんが、
何でも買っていました。
CDもコミックも買ったし、
たまにしか使わない物も「借りる」という選択肢を取りませんでした。

自分の好きな物を選んで買うという行為が楽しかったのでしょうね。
おかげで物がいっぱい。

断捨離して手放していくうちに、物と共に物欲もサヨウナラ。
今は何でもまず「ある物で何とかならないか?」「レンタルできないか?」と考えます。
幸い今はCDもコミックも服もアクセサリーやバックまでレンタルがありますからね。

やたらめったらごほうび買いしない

これも昔はよくやりました。
「仕事頑張ったからごほうびでアクセサリー買っちゃお。」
「仕事頑張ったからちょっと美味しいスイーツ食べよ!」
「仕事頑張ったから旅行行こう!」
「もうすぐ誕生日だから1年頑張ったしバック買お!」って。

年に何度ごほうび買いをしたことか。
しかもごほうびだからそれなりに奮発。

今は全然していません。
してもスイーツ買うくらいかな?
30過ぎたあたりから生クリームで胃もたれするようになりあんまり食べたいと思わなくなりました。
年を取ったんですね・・・・・

元々節約中はお金に余裕がなくてごほうび買いできなかっただけなのですが、
今現在もごほうび買いしていません。

「必要な物なら買う、要らなければ買わない。」

それだけです。
服も大体の枚数を決めているし、
断捨離を通して自分の中で「これだけあれば十分」っていうのが分かった。
もう十分持ってるからこれ以上は要らないって思えるようになったんです。
多少のごほうびは必要ですけどね♪

まとめ

・水道光熱費の節約はやめて快適な生活に。

・何でも所有しようとしない。

・(無駄な)ごほうび買いはしない。

昔は何でも買ったし、物質的には豊かすぎるくらいでした。
今はものすごく吟味して物を購入しているし、以前の半分くらいの物で生活しています。
それでも昔より今の方が心穏やかだし幸せだと思えます。
ミニマリスト目指してよかったなって思えます。
ココロの満足度がとっても上がりました。

本日もお読みいただきありがとうございました。
良い1日になりますように♡

シンプルだけど心豊かに暮らしたい!
暮らしを楽しむ

日常の小さなできごとを愛する生活

シンプルで豊かな暮らし

シンプルライフ

断捨離で心もお家もスッキリ♡
断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

スッキリさせた場所・もの

断捨離してますか?

ブログランキング

ブログランキング参加しています。
更新の励みになりますのでポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事コンテンツ