シンプル生活

ベットは必要?子育て世代には不要だと思うワケ

新婚、同棲を始めるってワクワクドキドキで新しい生活の為に色々新しい物を揃えたくなりますよね~!
新しい家具、新しいお皿やコップ、新しい家電などなど・・・

 

私はめっちゃ揃えました!
お義母さんと同居の為すでに色々あるのに買いました!
掃除機、テレビ、ソファーが1階、2階に1台づつ、
鍋だってお義母さんが使っているものが一揃えあるにもかかわらず自分の気に入った物を買いました。

 

理想の部屋にすべくせっまーーーい部屋に詰め込んで、
更にせっまーーーーーーーい部屋になりました。

 

夢いっぱいで色々買いましたが、
買って後悔した家具もあり。

 

新しい生活を思うと嬉しいですが、
「これから家具を買うよ!」って方はよくよく考えて家具を買いましょう!
特にこれから家族が増える可能性のある新婚家庭は新婚時に物を増やしすぎないようにしましょう。
子供の物がどんどん増えます。

買って後悔した家具ダントツ1位はベット!

実家ではずっと畳に布団生活だったのでベットに憧れていたのです!

そして家具屋さんで薦められるままクイーンサイズのベットを購入。
部屋が8畳間なのにクイーンサイズ・・・・
部屋の3分の2ほどをベットが占める事になり、
とっても狭くなっています。

 

タイムマシーンがあるなら、
当時の私に「ベットはやめて、布団にしなさい」と言いたい。

部屋、生活の自由度が大きく下がる

大きく、移動の困難なクイーンサイズのベット。
もちろんベットは片づける事が出来ないので、
その部屋は寝るだけの部屋になってしまっています。

 

布団であれば押し入れに片づけてしまえば日中は他の事に使えます。
布団は持ち運び自由なので後々子供部屋にしたりも可能。

 

わが家のベットは木枠を分解しないと部屋から出すことができません。
ベットを処分しない限りずっと寝る部屋確定です。

 

このように部屋の自由度、
子供の成長に合わせて部屋の使い方を変えること、
生活の自由度がベット1つで恐ろしく下がります。

 

安易に大きすぎるベットを買ってしまったことを非常に後悔しています。

 

家、部屋の大きさ、子供の人数を考えて家具は選びましょう。
何も考えず夢だけで選ぶと後悔することになります(私の様に)。

処分が大変

子供が部屋を欲しがり処分も検討しました。
だけど木枠を分解して、ベットを1階におろして、業者を手配して・・・っと簡単に捨てる事ができません。
処分にもお金がかかります。

 

大きさに比例して処分の難易度が上がります
大きい物を買う際は、処分の事まで考えて買うようにしましょう。

 

処分の事まで考えて買うようになってからむやみやたらに物を買うことがなくなりました。
面倒くさいことが嫌いなズボラ主婦なので。

 

そもそもベットは必要??子供が生まれるとベットは使わなくなる

子供が生まれ、初めの方は大人はベット、子供はベビーベットを使っていました。
だけどだんだん面倒になりクイーンサイズのベットで一緒に寝るようになりました。

 

そうなると困るのは夫。
添い乳(子供に添い寝したまま授乳する)をしていたので、
私が真中にいる時はいいのですが、
子供が真中にくるとつぶしてしまわないか心配で寝られない。

 

私が授乳のたびに動くので振動が伝わって夫を起こしてしまう
夫婦そろって寝不足気味になりました。

子供が動くようになると落ちる心配もあるし、
私と子供は布団生活を始めました。

 

子供が3人に増えて益々ベットが使えなくなり、
クイーンサイズのベットに夫1人が寝るという超贅沢使いをしています。

 

子供の夏の寝相は恐ろしくすごいのでベットでなくて良かったとも思っています。

結論:小さい子供がいるとベットは使いづらい!

まとめ

買って後悔した家具栄えあるNO,1はベットでした。

干す、片づける手間がありますが、布団が一番部屋を自由に使うことができる。
ベットの寝心地はとても良いものですが、
狭く家族の多いわが家にはベットは不要でした。

ベットを買おうかどうしようか悩んでいる人は処分の事を考えてください。
その手間をもってしてもベットが欲しいと思いますか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ