シンプル生活

【断捨離の判断基準】押さえておきたい5つのポイント

今日は私が物を断捨離する際の判断基準を紹介したいと思います。

 

初めの頃って何を捨てていいのか分からない!
手当たり次第捨てていた気がします。
捨てて後悔したり、
人の物に手を出して後悔したり、
色々失敗もしましたが沢山断捨離してきて大体の自分なりの基準ができてきました。

断捨離の判断基準

①使えない物

捨てる際一番簡単!
躊躇なくいけます。
壊れていたりして使えない物は使わない。

 

私は最近小さくなった浮き輪と
徐々に空気の抜けるどこか穴が空いている浮き輪を断捨離しました。
どこから空気が抜けているのか突き止めようと思いましたが断念・・・・見つからない。

 

②直近1年間で使用しているか

1年たって、全シーズン中1度も出番のなかった物が今後使われることはないでしょう。
潔く断捨離します。

 

③使用していてもときめかない、違和感を感じる、気に入らない

私は服でよくあります。
「ちょっとなー」と思いながら着て「やっぱり気に入らない!」

 

小さい事ですが片手で持つのが大変な重たいフライパンとか、
なんだか使いづらい物。


そういう小さな違和感を感じる物は私は思い切って断捨離してしまいます。
「まだ使えるのにもったいない!」って思うこともありますが、
使いづらい物はやっぱり使わなくなっていくので。

 

④同じ役割の物

人それぞれ必要な数は違うのでダブっているから即断捨離にはなりませんが、
ダブっていて使っていない物、
そんなに数がなくても事足りる物は断捨離します。

 

以前わが家にはしゃもじが何故か5本もありました。
手巻き寿司用にとってあったらしいですが、
そもそも手巻き寿司は1年に1回する位、
別に大きいスプーンでも代用できる事に気が付き断捨離しました。
もちろん何の不便もありません。
しゃもじは1本で十分。

 

⑤管理しきれない物

かつては引出を開ければボールペンが10本以上(書けないのもあり)
急いで書きたい時に限って書けないペンを引き当ててしまう・・・あるあるですよね~。
一人でムカムカしていました。
シャーペンあるのに芯がないとか。
持っている本数が多くて管理できていませんでした。
本数を減らしたことでインク切れで書けない!ってストレスとはサヨナラできました。

 

今はパートの仕事もあり、
子育てもあり、
家事もあり、
でも自分の時間も欲しい。
だからできるだけ管理する物の数を減らすようにしています。
それだけ負担が減りますからね。

 

おわりに

①使えない物
②直近1年間で使用しているか
③使用していてもときめかない、違和感を感じる、気に入らない
④同じ役割の物
⑤管理しきれない物

 

私は以上の5つを断捨離する際考えます。
なかでも③を一番大事にしています。
物を使っている時の自分の気持ちって大事ですよね。
お気に入りの物を使うだけで心の満足度がアップします。

 

本日も読んで下さりありがとうございました。

 

断捨離で心もお家もスッキリ♡(ブログ村テーマ)
断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

スッキリさせた場所・もの

断捨離してますか?

シンプルだけど心豊かに暮らしたい!(ブログ村テーマ)
暮らしを楽しむ

日常の小さなできごとを愛する生活

シンプルで豊かな暮らし

シンプルライフ