同居

【完全同居で12年】ようやく掴んだ同居でうまく暮らすコツ

同居歴12年のパート主婦です。
うちはお義母さんのみ(お父さんは同居前に亡くなっています)、
寝室は私たちは2階で、あとのトイレ、お風呂、キッチン、玄関は一緒の完全同居です。

 

表立ってケンカすることはありませんが、
価値観の違い、
生活時間の違いでお互いヤキモキすることは多々ありました。

 

そんなときの心の持ちようのお話です。

 

うまくやっていくには「何でも受け止める」だと思っています。
「受け入れる」のではなく「受け止める」

性格が違いすぎるので衝突は必至

現在同居11年。
何とかうまくやっています。
でも初めのころは家で人に気を使いながら生活する事が本当に毎日きつかったです。

 

潔癖に近い綺麗好きのお義母さん。
対して埃があったって死にはしないという超ズボラな私。

 

毎日掃除機掛けと拭き掃除をしないと気が済まないお義母さんに
四角い部屋を丸く掃除する私。

 

冬場はこたつからカーペットからすべてどけて毎日掃除をしないと気が済まないお義母さんに
物は極力どけずに掃除をする私。

 

合うはずがないですよね。
全然性格が違うし、育ってきた環境も違う。

 

子供が好き嫌いからご飯を食べなかったら白米だけでもいいと思う私に
「可哀そう!!」って好物ばかりを作るお義母さん。

 

毎朝鰹節からおだしを取って味噌汁を作ったり、
洗濯物はタオルとその他の衣類と靴下と分けて1日に3回も洗濯機を回したり。
今までの生活と全然違う。

 

鰹節からだしなんて調理実習以来だよ!!
しかも時間がなくてダシの素使ったらやっぱりバレル。
結婚以来11年毎朝鰹節から味噌汁作ってます。
いなくなったらやめると思う。

 

洗濯物もいなくなったら全部一緒に回してやる!って思ってます。

 

どっちが悪い事もなく性格だから、今まで積み上げてきた生活習慣だからしょうがない。

 

人は変えられない

良く聞く言葉ですよね。
本当にそうだと思います。
お義母さんは変えられない。
変わってほしくても変わらないから苦しくなる。
だから私が変わるしかない。

 

そう思えるようになって、
取りあえずは何でも受け止めるようにしています。

 

何を言われても反抗はせず、受け止める。
受け入れるかどうかはまた別の話。

 

大概は受け流します。
同居のおかげでかなりのスルースキルが身に付きました。

 

お義母さんも話を「聞いてもらえた」ことで満足することも多いように見えます。

 

まとめ

同居はお互い本当に大変で難しい。
お金の面では楽なこともありますが、
精神的なストレスを考えるとするものではないと思っています。

 

家に人を気兼ねなく呼ぶこともできない、
自由な核家族の友人が羨ましいと思うこともあります。

 

そんな同居のコツは

・意見を否定せず受け止める。でも受け入れなくていい。

・時には(ほとんど??)スルーすることも必要。

最後にお互い干渉しない。

 

毎日の事ですからね。
少しでも心穏やかに過ごせるよう以上3点を心に留めて生活しています。

 

どうしてもストレスが溜まってきたら実家に週末帰ってリフレッシュしたり美味しい物を食べたりして発散しています。

 

本日も読んで下さりありがとうございました♡

 

今日は月曜日!お仕事頑張りましょう!(自分に言い聞かせてます)