確定拠出年金

確定拠出年金いよいよ申込みしました

確定拠出年金の申込み用紙提出しました。

わが家の拠出金額は?

会社からの書類をもらってびっくり!
拠出額上限の2万3000円まで拠出できると思っていましたが、
厚生年金基金に入っているようで、わが家の上限は1万2000円でした。

そういえば何年か前に、
夫の会社は退職金がないので少しでも退職金の代わりになるよう何かに入ったっていう通知が来ていました。
家計に直接関係があることじゃないのでさらっと流していました。
厚生年金基金だったんですねー。

そしてこんな場面でズボラな面が発揮され、
「上限が1万2000円なら、もう全額いっちゃえばいいじゃん!」となり、
わが家の拠出額は上限の1万2000円に決定しました。
元々1万円拠出予定だったので2000円くらい増やしちゃえよ!って感じですね。
投資は怖いって言ってたくせにいい加減ですねー。
もうウジウジ考えるのがめんどくさくなっちゃったんです。

上限が1万2000円なら余計に楽天証券にしてよかったかなって思います。
SBI証券だと手数料無料になるまで3年以上ですからね。

投資比率は?

3000円投資生活を執筆されている横山光昭さんが実際に投資されてる割合をマネしました。
外国株式45%、外国債券20%、日本株式15%、日本債券20%です
右も左もわからない初心者が色々悩むより、とりあえず成功している人のマネをしたほうがいいかなって。
後から配分はネット上で変えられるみたいですから。
もちろん信託報酬の安いインデックスファンド購入予定です。

こちらの本に書いてあります。

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]

関連記事 確定拠出年金やっぱり楽天証券に変更

色々調べていると年代によってリスク調整するのが基本のようですね。
夫とは一回り離れているので、すでに40代半ば。
40代から50代では元本確保型を中心とした商品構成がおすすめのようですが、
上の配分だと株式が60%なのでリスクが高いのか?とも思いますが、
とりあえずはこれでやってみてその都度調整していくつもりです。

今まで『貯める』一辺倒だったのに、
『貯める』から『お金に働いてもらう』を考えられるようになりました。
貯めるばかりではこの超低金利時代に増えることはないですからね。
うまいこと増えてくれるといいんですけどねー。

お金のことは受け身でいても何も知ることはできません。
自分で動かないと!
根がズボラで面倒くさがり屋ですが、日々勉強していきたいと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。