お金

教育費の平均はいくら?実際幼稚園から小学校までかかった費用

わが家には子供が3人います。
上から小学校6年生、4年生、年長さんです。
将来が心配で節約節約!してきましたが、
教育費が一体いくらかかるのかさっぱりわからず不安ばかりが大きくなっていました。
子供1人につき1000万とか3000万とかホント??って。

教育費って実際のところいくらなの?

教育費はかけようと思えばどこまでもかけることができます。
学校は私立、習い事を複数でわが家の1か月分の生活費が飛んで行く家庭もあるかと思います。
本当に人それぞれ。
だから分からなくて不安になるんですよね。

今回読んだ「教育費&子育て費 賢い家族のお金の新ルール」には、
子供の成長に合わせて必要なお金がざっくりと書かれています。
出産から大学まで私立と公立の比較、
母親の職別(正社員、パート等)の家計の注意点など非常に分かりやすいです。

 

私はこの本を読んで教育費に対する不安が和らぎました。

わが家の教育費の貯め方

この本におススメされている貯め方そのまんまでした。

①児童手当は全額子供口座に貯金
②1人あたり月に1万円づつ学資保険&学資保険代わりに貯金
③お祝いで頂いたお金も子供口座に貯金

 

①児童手当は中学3年生までに約200万たまります。
②高校卒業までに約215万貯める予定です。
③お祝いは出産祝いから全部貯めていますが30万~50万位かな?

 

1人当たり少なくみて450万以上大学入学までに貯まる予定です。

用意した以上の教育費がかかるようだったら奨学金を使うつもりです。

 

かつては子供に奨学金を利用させるのは嫌でした。
これから世間の荒波にもまれる子供に奨学金という名の借金を負わせる事が親失格のような気がしていたのです。

 

子供に金銭的な負担、それが理由で進路を狭めてほしくないという思いはありますが、
「教育費で老後のお金が無くなった!」とならないようにしたいと思います。
子供にとってはそちらの方が迷惑でしょうから。

 

わが家が用意できる最大限の大学の教育費は1人当たり450万。
それ以上は奨学金利用と決めたので教育費の不安からは多少解放されました。
子供に押し付けただけでは?とも思いますがこれ以上はどうにもならないので。

幼稚園から高校まではいくらかかるの?

幼稚園、保育園

公立幼稚園 月2万円
私立幼稚園 月4万円
保育園 年収により3万~4万

実際わが家は公立の幼稚園だったので、
保育料月1万+給食費5千円=約1万5千円
1人当たり月1万5千円
3年で54万。

 

3人目の現在幼稚園児は町の補助により無料。
バス代のみで通うことができています。
1か月 2千円
3年で約7万5千円。

 

3人とも習い事はせず幼稚園から帰ってきたら元気に外遊びしていました。

 

幼稚園時代の教育費は1人当たり54万。
3人目のみ補助ありの為大幅に安くなっています。

小学校

公立小学校 月3万円
私立小学校 月13万円

公立小学校に通っています。
習い事はスポーツ系を1人1つづつしています。
学習系は何もしていません。

 

わが家は1人当たり月 1万5千円
1年間で18万。
6年間で約110万。

 

習い事が多いともっともっと支出は増えますね。
子供の「やりたい!」って気持ちは大事ですが家計と私の体力と相談しつつ決めています。
送り迎えだけでも時間がとられるし大変です。

 

小学校時代の教育費は1人当たり110万。

中学校

公立中学校 月4万
私立中学校 月11万

受験を控えて学習系の習い事が増えてくる時期ですね。
部活も一番一生懸命取り組む時期。
家族よりも友達優先になる時期。
中学時代はお金がかかるようです。

 

わが家は来年から中学生。
どのくらいの支出になるか今からドキドキしています。
公立中学進学予定なので、月4万×3年で約150万。

高校

公立高校 1か月 3万円
私立高校 1か月 8万円

どこに進学するか、はたまた就職か、悩みますね。
中学時代よりお金がかからないという事にびっくりしました。
高等学校就学支援金(旧授業料無償化)のおかげですかね~。
できれば公立高校に行ってほしい!

 

公立で3年間で約110万。
私立で3年間で約290万。

大学

国立大学 250万
公立大学 260万
私立文系 420万
私立理系 580万
歯科医師系 3260万

私立文系までなら積み立てたお金で何とかなりそうですが、
この金額の中には交通費や遠方の場合の居住費は入っていません。

 

バイトもできる年なので助けてもらおう・・・・

 

まとめ

「教育資金は1人あたり1000万円が必要」という根拠が今回調べて分かりました。
(歯科医師系は桁が違いすぎるので除外)

 

幼稚園から高校までは生活費の一部として捻出、
大きなお金のかかる大学のみ積立で対応する。

 

教育費として出せる金額を決め、
それ以上になるようなら奨学金を利用する。

 

大学資金は今の積み立てで大丈夫そうなので、
過度に不安になることなく、
高校までの生活費の一部としての教育費の捻出、
並行して老後資金の貯金、
そして何より今の生活をできる範囲で楽しみたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ